古代リディア 561-546BC クロイソス王 スターテル金貨 MS5/5,3/5 Light Series(NGC)

古代リディア 561-546BC クロイソス王 スターテル金貨 MS5/5,3/5 Light Series(NGC)

●基本情報
重量:8.08g

世界初の金貨と言われる、リディア王国クロイソス王の時代のスターテル(ステーター)金貨。
スターテルというのは当時の通貨単位でございます。

今回はライトシリーズというタイプで、
最初に重量の重いヘビーシリーズ(約10g)が発行され、その後ライトシリーズ(約8g)が発行されました。

リディア金貨としては今回のライトシリーズの方が有名です。

表面には格闘中のライオンと牛が描かれています。
ライオンは‘力‘そして牛は肥沃を表しているという説が有力ですが、
当時の各地域の国と国との衝突を表しているという一説もあります。
また、ライオンはアリュアッテス、牛はクロイソスとその子供を表しているという説も有力です。

古代コインは記述よりも、口述にて伝えられてきたため色々な説が飛び交います。
これが古代コインの面白さの一つです。
発行枚数は不明ですが、海外での人気を考えると資産保全として最適です!

●こんな方にお勧め!
①長期的な資産保全
②海外での人気コインが欲しい!


●リディア王国とは…

古代リディア 561-546BC クロイソス王 スターテル金貨 MS5/5,3/5 Light Series(NGC)

表面:王の権力の象徴である獅子(左側)と富の象徴である雄牛(右側)の刻印
(太陽と月を表したという説も)

%u53E4%u4EE3%u30EA%u30C7%u30A3%u30A2 561-546BC %u30AF%u30ED%u30A4%u30BD%u30B9%u738B %u30B9%u30BF%u30FC%u30C6%u30EB%u91D1%u8CA8 MS5/5,3/5 Light Series%uFF08NGC)
裏面:インキューズ
(表面に浮き彫りにされた意匠がそのまま裏面に凹んで打刻されている、古代金貨によく見られる打刻)

リディア王国(現トルコ)最後の王、クロイソスによって約2500年前に鋳造された世界最古の金貨。獅子は権力、雄牛は富を象徴している。
今でも英語圏では大富豪を意味する言葉として”Rich as Croesus”という言い回しが残っている。

その希少性から大英博物館によって“A History of the World in 100 Objects
(世界の歴史的展示物100選)にも選出されている程。



 


★世界に存在するコインは約20万種類あると言われております★

その中から「資産」として位置づけられ、「家宝」としてのお守りの役割ともなる、美しい芸術品であり人類の軌跡となるコインは、そう多くありません。

とは言え、2600年間の地球上の国家のほとんどに存在しているそれぞれの通貨約20万種類から選別する事は、そう簡単でもありません。

Most Important Coins 300この「Most Important Coins 300」は、10年間収集して、良かった事も悪かった事も経験してきた実体験と20年以上分のそれぞれのコインの価格変遷、また30年以上のコレクターの方々からの意見も取り入れた「厳選300コイン」です。

 

電子版カタログ​「Most Important Coins 300(無料版)」​請求

Most Important Coins 300