古代トラキア 323-281BC リュシマコス スターテル金貨

古代トラキア 323-281BC リュシマコス スターテル金貨 Ch XF Strike4/5 Surface5/5:6323265-001

販売価格:¥2,000,000(2024年5月現在)

素手で獅子を絞め殺した怪力の王/アレキサンダー大王から最も信頼された男
古代トラキア 323-281BC リュシマコス スターテル金貨 Ch XF Strike: 4/5 Surface: 5/5
【発行枚数】不明
【サイズ】30.00mm/17.21g
【希少性】★★★★
【ご案内価格】2,000,000円(税込)
古代トラキア 323-281BC リュシマコス スターテル金貨

表面:太陽神アモンの角を装備した神格化されたアレキサンダー大王
裏面:鎮座する戦略の女神アテナ、右手には勝利の女神ニケ
ΛΥΣΙΜΑΧΟΥ ΒΑΣΙΛΕΩΣ(王たるリシュマコス)


リュシマコス(Lysimachos )
在位:306BC - 281BC 生没:360BC - 281BC
元々はアレキサンダー大王に仕えたマケドニア王国の将軍であり、
大王の死後はトラキア(現在のブルガリア、ギリシャ、トルコ)とマケドニア王国の王を務めた。
高い統率力と共に獅子を素手で絞殺す程の怪力の持主であり、アレキサンダー大王からも絶大な信頼を得ていた人物。
その証として通常毎年入れ替わるソマトピュラケス(高級幕僚)に彼は毎年選定されていた。(7人いる幕僚の内、リュシマコス以外の6人は毎年入れ替わっていた)

当銀貨に描かれているのはリシュマコスではなくアレキサンダー大王であるが、
それは存命の人物を描くのがご法度であったと同時に、
我こそがアレキサンダー大王の跡継ぎであるという宣言をする為に鋳造されたと見られている。

 

★世界に存在するコインは約20万種類あると言われております★

その中から「資産」として位置づけられ、「家宝」としてのお守りの役割ともなる、美しい芸術品であり人類の軌跡となるコインは、そう多くありません。

とは言え、2600年間の地球上の国家のほとんどに存在しているそれぞれの通貨約20万種類から選別する事は、そう簡単でもありません。

Most Important Coins 300この「Most Important Coins 300」は、10年間収集して、良かった事も悪かった事も経験してきた実体験と20年以上分のそれぞれのコインの価格変遷、また30年以上のコレクターの方々からの意見も取り入れた「厳選300コイン」です。

 

電子版カタログ​「Most Important Coins 300(無料版)」​請求

Most Important Coins 300