究極の資産防衛1-3 絵画、ワイン…他の「骨董品」と比べたときの強み

絵画、ワイン…他の「骨董品」と比べたときの強み

当社セミナーでは、アンティークの税金やリスク(ほぼありませんが )も含めて、アンティークコインの全てをつまびらかにしています。なぜ世界中で人気があり、富裕屈に支持されるかを中心に解説しますがメリットについて触れておきたいと思います。

まずはその上昇率です。イギリスの大手不動産会社「ナイト・フランク社」が毎年様々な投機商品のバフォーマンスを公表しています。%u30CA%u30A4%u30C8%u30D5%u30E9%u30F3%u30AF%u793E%u30A2%u30F3%u30C6%u30A3%u30FC%u30AF%u30B3%u30A4%u30F3

宝石、ワイン、絵画などと共に「Coins」とまとめられ、過去10年では「+248%」というハイバフォーマンスを達成しています。「アンンティークコイン」は「クラシックカー」には劣るものの、非常に優れていることがわかります。


またクラシックカーや絵画、ワインなどと大きく異なるメリットがあります。それは「メンテナンスが不要である」という点です。ワインなら温度管理、絵画なら慎重な保管、クラシックカーなら日々の整備などが必要になってきます。しかし、鑑定会社の鑑定を受けたアンティークコインはスラブ(鑑定ケース)の中に入ってるため、何もする必要がありません。むしろ、何もしてはいけません。スラブから出すこと自体は問題ありません。しかし磨くなどの行為をすると価値に大きく影響する可能性があります。なお、「スラブに入れたまま落としてしまった」「スラブに傷がついてしまった」という場合はまず問題ありませんからご安心ください。スラブ自体はいつでも交換が可能です。コインそのものを落としてしまうことにはご注意してください。

持ち運びは簡単にでき、保管方法に気を使わずにすみ、さらにメンテナンスも不要というのがアンティークコインのメリットの一つではないでしょうか。

 

 

 

 

 

海外富裕層がやっている”究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

究極の資産防衛〜はじめに〜

第1章 金融市場の激動で資産保全が困難を極める中、加熱するアンティークコイン市場

1-1 アンティークコインは誰が、なんの目的で取引しているのか?
1-2 国税に​よる​富裕層への​税の​”刈り取り”
1-3 絵画、ワイン…他の「骨董品」と比べたときの強み
1-4 株や不動産などと比べたコイン投資の特徴とは
1-5 アンティークコインの現状
1-6 海外では「常識 」となっているアンティークコイン投資
1-7 日本の富裕層も既に注目し始めた
1-8 人気のコインはお金を積んでも買えない場合がある
1-9 ネットオークションと海外送金は危険なのか?
1-10 実際に取引を始める前に注意するポイント
1-11 まことしやかに囁かれる噂


   


 

コインチャンネルの登録はお済みですか

最新動向を配信 コインチャンネル登録は下記から
Universal Coinチャンネル登録

LINEにて新着コイン・非公開コイン、最新情報をお届けしております。
https://lin.ee/RkCfH4z

インスタからもメッセージ、お問い合わせをお待ちしております。
https://www.instagram.com/yuto___murata/

よくあるご質問もこちらにまとめています。
ぜひご覧下さい。

コインチャンネル:Universal Coinチャンネル
メインチャンネル:波動を整える資産ポートフォリオチャンネル
サブチャンネル:ゆる~く世の中の仕組みを語るチャンネル

インスタグラム
日本国民の為の資産防衛
コインバイヤーMURATA