海外では「 常識 」となっているアンティークコイン投資

海外では「常識 」となっているアンティークコイン投資

現状では市場規模が最も大きなアメリカであっても6000億円程度。日本よりは遥かに大きな数字ですが、これには理由があります。

アメリカの場合、コインは文化として捉えられています。アメリカを訪れると、街に1軒はコインショップがあります。

コンビニの数より多いと言われるほど、コイン商が数多くあるのです。アメリカを訪れたことのある方でしたら、街を歩いていて目にされたことも多いのではないでしょうか?

日本では全く想像できない状況ですが、それだけアメリカ国民の間にアンティークコイン文化が根付いている証といえます。アメリカの家庭ではお父さんが持っているアンティークコインを自分の子供に渡し「この5ドルのコインが10年後にショップに行っていくらになるか調べてごらん」と伝える場面が多くあります。実際に子供が換金に行くと5ドルのアンティークコインが100ドルや200ドルという価値になっているわけです。

なぜこれをやるのかというと、アンティーク品が価値を生むということを実際に体験させるためです。国の歴史が浅いため、アンティークというものがアメリカ人の心に響くのです。数百年から1000年の歴史を持つアンティークコインが広く認知されており、家庭のなかにまで根付いているのもうなずけます。ヨーロッパはもっと身近で、イギリスにある大英博物館の向かいには3軒のアンティークコインショップが軒を連ねています。自国や、地続きの他国の文化を知るためにも必要なことだと言えます。

アンティークコインの歴史を学ぶ「貨幣学」はアメリカ、ヨーロッパでは当たり前の学問です。この学問にはアンティークが価値を生むということも学びます。しかし日本では貨幣学という学問はありません。昔から、収集を目的としたコレクターはいらっしゃいましたが、それはあくまで収集を目的としたもの。投資や資産保全といった目的も含め、日本で集める方が増えてきたのはここ数年〜10年程度ではないでしょうか。

 

海外富裕層がやっている”究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

究極の資産防衛〜はじめに〜

第1章 金融市場の激動で資産保全が困難を極める中、加熱するアンティークコイン市場

1-1 アンティークコインは誰が、なんの目的で取引しているのか?
1-2 国税に​よる​富裕層への​税の​”刈り取り”
1-3 絵画、ワイン…他の「骨董品」と比べたときの強み
1-4 株や不動産などと比べたコイン投資の特徴とは
1-5 アンティークコインの現状
1-6 海外では「常識 」となっているアンティークコイン投資
1-7 日本の富裕層も既に注目し始めた
1-8 人気のコインはお金を積んでも買えない場合がある
1-9 ネットオークションと海外送金は危険なのか?
1-10 実際に取引を始める前に注意するポイント
1-11 まことしやかに囁かれる噂

 


   


 

コインチャンネルの登録はお済みですか

最新動向を配信 コインチャンネル登録は下記から
Universal Coinチャンネル登録

LINEにて新着コイン・非公開コイン、最新情報をお届けしております。
https://lin.ee/RkCfH4z

インスタからもメッセージ、お問い合わせをお待ちしております。
https://www.instagram.com/yuto___murata/

よくあるご質問もこちらにまとめています。
ぜひご覧下さい。

コインチャンネル:Universal Coinチャンネル
メインチャンネル:波動を整える資産ポートフォリオチャンネル
サブチャンネル:ゆる~く世の中の仕組みを語るチャンネル

インスタグラム
日本国民の為の資産防衛
コインバイヤーMURATA