究極の資産防衛1-5 アンティークコインの現状

究極の資産防衛1-5 アンティークコインの現状

 

アンティークコインは当然ながら遥か昔から存在していました。それは貴族階級と呼ばれる方々が自分の子孫に伝承してきたもので、誰にも知られないものでした。長い歴史のなかで公になることもなく密かに世代を超えて受け継がれてきたものだと認識しています。それらは表に出ることは決してない、家宝と言って差し支えのない財産でした。

ウナとライオン

例えば世界的に人気の高い「ウナとライオン」とうコインは1839年の英国でヴィクトリア女王が即位するタイミングで作られ、その数は400枚しか存在しない貴重な記念コインです。女王の家系、近親者、一部の側近などが手に出来る宝であり 、親から子へ 、その家系が続く限り、受け継がれていくといった性質のものなのです。しかし、時代が流れるうち理由はわかりませんが、由緒ある家柄であっても宝を手放すといったことがあるわけです。その時、「売に出ている」といった限られた情報は富裕層のみが知り えるもので、富裕層が買い手となり、購入し資産を形成してきたというのが知られざる事実だったといえます。

一方、近年はインターネットが発達し個人であっても欲しいと思えばアンティークコインが手に入る時代になってきました。これまでは秘匿されてきた裏側の世界の情報も表に出回り、貴族階級ではない一般の人々も売買ができるようになったのです。アンティークコインが表に出初めてきている状況と言えるのではないでしょうか?

実は日本でも数千万円を超える海外コインが盛んに取引されていたという事実があります。高価な絵画のように新聞やテレビニュースで報道されることもなく、それは水面下で行われてきたのです。私も含め知らないのが当然と言 えます 。

現在、アンティークコインの市場は拡大しつつあります。ただあくまで相対取引が基本となるため、正確 な市場規模は把握できないのが現状ですが、日本では100億円から200億円規模と見ています。この数字の裏付けはインターネットオークションなどの取引データによるものです。オークションで見える取引が、全体の5%程度だとすると、オークションで落札された金額の総計が例えば10億円だったら市場全体では200億円になる。というのがおおよその見立てです。この計算を用いれば 、アメリカは6000億円、ヨーロッパは数千億円、世界全体では1兆円強の規模であろうと見ています 。

世界各国のGDPと比較した時、日本はGDPに対して極端に少ない状態にあり、これからまだまだ伸びしろを感じさせる規模感なのです。

 

海外富裕層がやっている”究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

究極の資産防衛〜はじめに〜

第1章 金融市場の激動で資産保全が困難を極める中、加熱するアンティークコイン市場

1-1 アンティークコインは誰が、なんの目的で取引しているのか?
1-2 国税に​よる​富裕層への​税の​”刈り取り”
1-3 絵画、ワイン…他の「骨董品」と比べたときの強み
1-4 株や不動産などと比べたコイン投資の特徴とは
1-5 アンティークコインの現状
1-6 海外では「常識 」となっているアンティークコイン投資
1-7 日本の富裕層も既に注目し始めた
1-8 人気のコインはお金を積んでも買えない場合がある
1-9 ネットオークションと海外送金は危険なのか?
1-10 実際に取引を始める前に注意するポイント
1-11 まことしやかに囁かれる噂


   


 

コインチャンネルの登録はお済みですか

最新動向を配信 コインチャンネル登録は下記から
Universal Coinチャンネル登録

LINEにて新着コイン・非公開コイン、最新情報をお届けしております。
https://lin.ee/RkCfH4z

インスタからもメッセージ、お問い合わせをお待ちしております。
https://www.instagram.com/yuto___murata/

よくあるご質問もこちらにまとめています。
ぜひご覧下さい。

コインチャンネル:Universal Coinチャンネル
メインチャンネル:波動を整える資産ポートフォリオチャンネル
サブチャンネル:ゆる~く世の中の仕組みを語るチャンネル

インスタグラム
日本国民の為の資産防衛
コインバイヤーMURATA